レッスンに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

フィットネス ブログ

運動時水分補給のためのスポーツドリンクの選び方

運動時水分補給のためのスポーツドリンクの選び方

梅雨が明け、本格的な暑さがやってきました。

熱中症予防のために水分補給は欠かせません。

 

運動時や外仕事の時など、大量に汗をかく時には水だけではなくスポーツドリンクも上手く利用したいものです。

 

たくさんの種類があるスポーツドリンクですが、大きく2種類に分かれます。

アイソトニック飲料とハイポトニック飲料です。

ここではそれぞれどんな場面で選ぶのがお勧めかをわかりやすくお伝えしていきます。

 

運動前後にはアイソトニック飲料がお勧め

アイソトニック飲料とは安静時の人間の体液の浸透圧とほぼ等しい飲料のことをいいます。

浸透圧とは簡単に言うと、濃度の薄い方から濃い方へ水を引っ張る力のことを言います。

 

身体の中では細胞の膜を通して内と外の濃度差を同じにするように働きかけます。

 

わかりやすい例でいうと、キュウリの漬物はしばらく置くとつけ汁にキュウリの水分が移動してキュウリに塩味がつきますよね。

キュウリとつけ汁の塩分濃度差を同じにしようとしているのです。

 

アイソトニック飲料は、塩分が0.1~0.2%,糖質が約4~6%と体液に近い濃度の飲料のため、安静時においては水分・塩分・糖質がバランスよく身体に吸収されます。

しかし、汗で身体から塩分が失われると、浸透圧が低くなるため、運動時には水分の吸収スピードが少し遅くなってしまうのです。

 

 

運動中はハイポトニック飲料がお勧め

 

ハイポトニック飲料とは塩分や糖質の濃度が低めで、人間の体液の浸透圧よりも低い飲料のことをいいます。

運動による発汗で体液濃度が低くなっている時には速やかな水分補給が出来ます。

 

また、糖質濃度も低いため、カロリーも低く、ダイエットを目的とされる方にもお勧めです。

 

糖質が多く含まれているものほど、消化吸収に時間がかかり、胃の中にとどまる時間も長くなってしまいます。

長時間の運動の場合にはエネルギー源としての糖質補給も必要となりますが、水分補給を優先させたい場合には糖質の濃度が低めのものを選ぶことで速やかな水分補給が出来ます。

 

また、熱中症や発熱時に推奨されている経口補水液もこのハイポトニック飲料に含まれます。

 

 

まとめ

 

スポーツドリンクは大きく分けて2種類あります。

 

運動前後や日常生活にはアイソトニック飲料がお勧め
(具体的な飲料の例:ポカリスェット、アクエリアスなど)

 

運動中や発汗が多い場合にはハイポトニック飲料がお勧め
(具体的な飲料の例:ヴァームウォーター、アクエリアスゼロなど)

 

熱中症や発熱時に推奨されている経口補水液はハイポトニック飲料に含まれる
(具体的な飲料の例:OS1,アクアソリタなど)

 

なお、スポーツドリンクには塩分や糖質だけではなくアミノ酸やビタミンなど様々な成分が含まれています。

成分表示を確認して目的に合わせて選んでくださいね。

 

頭からつま先まで気になるところをリセットゼロポイント

動画を見ながらストレッチが出来る無料メール講座を配信中です!

画面をクリックしてご登録ください。

ステップメール登録サイト

-フィットネス, ブログ,

© 2021 パーソナルフィットネスインストラクター 五味澄子